• Home
  • PPP 動向
  • PFI
  • 【PFI】東京国際(羽田)空港国際線旅客ターミナルビル、再拡張事業向けに協調融資(プロジェクトファイナンス)を組成/総額約1,450億円、20の金融機関が参加

【PFI】東京国際(羽田)空港国際線旅客ターミナルビル、再拡張事業向けに協調融資(プロジェクトファイナンス)を組成/総額約1,450億円、20の金融機関が参加

2017.09.12 PFI


 2017年9月7日、株式会社みずほ銀行、株式会社日本政策投資銀行、株式会社三菱東京UFJ銀行の3行は国が進めるPFI事業「東京国際空港国際線地区旅客ターミナルビル等整備・運営事業」において、新たに計画されている再拡張事業に対するプロジェクトファイナンスのリードアレンジャー(主幹事)として協調融資を組成したことを発表した。

 協調融資の総額は約1,450億円(既存融資の約950億円も含まれる)。協調融資には先述の3行をはじめとする、合計で20の金融機関が参加する(下記表参照)。株式会社みずほ銀行がエージェントを務める。

協調融資への参加金融機関                                               

リードアレンジャー・株式会社みずほ銀行
・株式会社日本政策投資銀行
・株式会社三菱東京UFJ銀行
アレンジャー・信金中央金庫
・株式会社横浜銀行
コ・アレンジャー・株式会社三井住友銀行
・株式会社山陰合同銀行
・三井住友信託銀行株式会社
・株式会社千葉銀行
・みずほ信託銀行株式会社
・株式会社伊予銀行
・株式会社りそな銀行
・株式会社福岡銀行
・東京海上日動火災保険株式会社
・株式会社池田泉州銀行
・株式会社百十四銀行
・株式会社広島銀行
・株式会社北海道銀行
・その他金融機関
 

 当該事業は東京国際空港の国際線旅客ターミナルビル等をBOO方式(*)で実施・運営するもので、事業期間は2008年5月~2038年4月まで(着工から30年)。これまで、2010年10月に供用開始されて以来、2014年3月に国際線旅客ターミナル拡張を経て、順調に運営されている。事業者は日本空港ビルデング株式会社が代表企業を務める東京国際空港ターミナル株式会社である。今回リードアレンジャーを務める3行も同社の出資者に名を連ねる。

(*)BOO方式:Build-Own-Operate方式。対象となる施設を民間事業者が整備し、所有した上で、事業期間を通じて維持管理・運営を実施する方式。事業終了後は、当該事業の場合、国又は国が指定する第三者が時価にて買い取ることとなっている。

 今後予定されている「2020年東京オリンピック・パラリンピック競技大会」の開催や訪日外国人旅行者の受け入れ、首都圏の国際競争力の強化等を見据えて、今回の再拡張事業の実施に至った。2016年10月14日に再拡張事業内容を反映した変更契約が締結されている。

 今回の再拡張の主な内容として以下の4施設が挙げられている。

・国際線地区旅客ターミナルビル本館北側チェックインカウンター等の増設
・国際線地区旅客ターミナルビル本館南側免税店舗や事務室の増床
・国際線地区旅客ターミナルビルサテライト部(固定2スポット分)の増築
・国内線地区第2旅客ターミナルビル設備導入・設置

【情報ソース】
東京国際空港国際線地区旅客ターミナルビル等整備・運営事業再拡張事業に対するプロジェクトファイナンスの組成について、2017年9月7日、株式会社日本政策投資銀行・株式会社みずほ銀行・株式会社三菱東京UFJ銀行

【関連記事】
【開発】レノバ、三重県四日市市でメガソーラーを開発/プロジェクトファイナンス組成、三井住友信託銀行が主幹
【プロジェクトファイナンス】バークレイズ証券、再エネでプロジェクトボンドを組成/発行金額46億7千万円、生保や地銀に販売
【参画】双日と日本空港ビルデング、パラオ国際空港の事業運営に参画/20年間で空港の利便性と収益力を高める

【おススメ!】
【レポート】PPP/PFIにおけるセカンダリー・マーケットの可能性
セミナーのご紹介:『(全3回シリーズ)海外プロジェクトファイナンスの実務【基礎編】【応用編1】【応用編2】』の開催 (2017年10月06日、10月20日、11月10日)

, , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ