【参画】JERA、米国ニューヨーク州で天然ガス火力発電事業に参画/出力110万KW規模、2020年稼働を目指す

2017.01.27 事業参画・売買レポート


 平成29年1月25日、株式会社JERAは(以下、「JERA」)は米国ニューヨーク州ダッチェス郡で開発が進められる天然ガス火力発電事業に参画することを発表した。

アメリカ合衆国 ニューヨーク州 ダッチェス

 発電事業を進めるのはクリケット・バレー・エナジー・センター社。この事業会社にJERAが約44%出資し、筆頭株主として事業参画する。出資参画者には日本政策投資銀行(DBJ)もおり、日本企業としては合わせて約52%のシェアを占める形だ。

(プロジェクトスキーム 出典:株式会社JERA)

 火力発電所は2020年の商業運転開始を目指してこれから建設が進められる。当該発電所は天然ガスコンバインドサイクル発電方式を採用し、発電出力を約110万kWと計画している。発電された電力は独立系統運用機関のニューヨークISOを通じて売電される。

 JERAは東京電力フュエル&パワーと中部電力株式会社がそれぞれ50%づつ出資して設立された会社である。昨年7月にそれぞれの企業の海外発電事業の承継をしているが、今回の火力発電事業はJERAとして新規参画する海外案件としては初。

*アイッキャッチ画像 出典:株式会社JERA

【情報ソース】
米国ニューヨーク州 天然ガス火力発電事業への参画について、平成29年1月25日、株式会社JERA

【関連記事】
【売買】日本郵船、ニューヨーク/ニュージャージー港の運営に参画/ターミナル事業会社の株式20%取得
【売買】関西電力、米国の天然ガス火力発電所の権益17.5%を取得
【売買】伊藤忠商事&関西電力&東京ガス、米国ニューヨーク州で天然ガス火力発電事業に参画/3社で発電所の権益100%を取得

, , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ