【参画】三菱商事、ベルギーで最大規模の洋上風力発電事業へ参画/44基の風車で37万kW発電

2016.12.29 事業参画・売買レポート


 平成28年12月29日、三菱商事株式会社(以下、「三菱商事」)はベルギーで進められるNorther(以下、「ノーザー」)洋上風力発電事業会社へ50%出資参画することを発表した。

Albert II Laan, 8380 Brugge, ベルギー

 ノーザー洋上風力発電所はベルギー沖合約23kmの北海海域に新設する。総事業費は1,500億円。1基当たり8.4MWの発電能力を有するMHI-Vestas製のタービンを44基設置する。発電容量は約37万KW(ベルギーの40万世帯分に相当)になり、同国最大のものになる予定だ。2019年夏頃の稼働を目指し、2017年1月から建設を開始する。

 出資に際しては、三菱商事の100%子会社のDiamond Generating Europe社とオランダの公営エネルギー事業会社のEneco社(本社所在地:オランダ、ロッテルダム)の折半出資で設立する新SPCを通じて参画する形だ。ノーザー洋上風力発電事業会社の50%を出資し、残りの50%はベルギーの地方自治体が100%出資するエネルギー・通信事業会社Nethys社(本社所在地:ベルギー、リエージュ)が出資する。三菱商事は出資だけに留まらず、主体的に建設・運営にも取り組んでいくようだ。

01(事業スキーム 出典:三菱商事株式会社)

*アイッキャッチ画像 出典:三菱商事株式会社

【情報ソース】
ベルギー最大の新規洋上風力発電事業への参画について、平成28年12月14日、三菱商事株式会社

【関連記事】
国際協力銀行がオランダ国洋上風力発電事業に融資。約300億円
【出資】三菱商事と千代田化工、ポルトガルで浮体式洋上風力発電事業に出資参画
【参画】ウェンティ・ジャパン&三菱商事&シーテック、秋田県で風力発電事業に参画/6.6万kW規模で総事業費は200億円超

, , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ