• Home
  • 事業参画・売買レポート
  • 【売買】伊藤忠商事&関西電力&東京ガス、米国ニューヨーク州で天然ガス火力発電事業に参画/3社で発電所の権益100%を取得

【売買】伊藤忠商事&関西電力&東京ガス、米国ニューヨーク州で天然ガス火力発電事業に参画/3社で発電所の権益100%を取得

2016.10.19 事業参画・売買レポート


 平成28年10月14日、伊藤忠商事株式会社(以下、「伊藤忠商事」、関西電力株会社(以下、「関西電力」)、東京ガス株式会社(以下、「東京ガス」)の3社は米国ニューヨーク州レンセラー市にある「エンパイア発電所(天然ガス火力発電所)」の100%権益をエナジー・キャピタル・パートナーズ社から取得し、発電所の運営に参画することを発表した。

アメリカ合衆国 〒12144 ニューヨーク州 レンセリア

 伊藤忠商事など3社は合弁会社「TTK Power.LLC(以下、「ティーティーケー・パワー社」)」を設立し、エナジー・キャピタル・パートナーズ社との間で当該発電所の権益100%を取得する売買契約を締結した。3社はそれぞれの出資比率に応じて権益を取得したことになる。

 エナジー・キャピタル・パートナーズ社は米国のディベロッパー系プライベート・エクイティ・ファンドである。当ファンドにより建設された「エンパイア発電所」は、合計出力が約63.5万kWのガスタービンコンバインドサイクル発電方式の発電所である。環境負荷の小さい天然ガス焚火力電源は米国北東部では環境規制の強化やシェールガスの供給増加の影響により旧来の石炭火力発電所などに対し高い事業優位性を保持している。当該発電所は平成22年に営業運転を開始しており、これまで安定した操業を続けている。

 権益取得後は発電所の資産管理・運営業務を伊藤忠商事100%出資の米国子会社であるティア・エナジー社が行い、運営・保守業務を同じく伊藤忠商事100%出資の米国子会社である「ネイス社」が行う。

01(出典:伊藤忠商事株式会社)

エンパイア発電所における天然ガス火力発電事業の概要                         

発電所名称Empire(エンパイア)発電所
事業会社名TTK Power,LLC
所在地ニューヨーク州レンセラー市
発電容量63.5万kW
発電方式ガスタービンコンバインドサイクル発電方式
燃料天然ガス
営業運転開始2010年9月
資本構成・ティア・エナジー社:50%
・ケーピック・ユーエスエー社:25%
・東京ガスアメリカ社:25%

*アイッキャッチ画像 出典:伊藤忠商事株式会社

【情報ソース】
米国ニューヨーク州におけるガス火力発電事業への参画について、平成28年10月14日、伊藤忠株式会社

【関連記事】
【売買】東京ガス、タイの天然ガス火力発電事業に参画/事業運営会社に28%出資
【参画】伊藤忠商事、米国・テキサス州で風力・太陽光複合発電プロジェクトに出資参画
【海外】伊藤忠&IHIインフラシステム、トルコでイズミット湾横断橋が開通

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ