• Home
  • 事業参画・売買レポート
  • 【参画】オリックス、三重県津市でメガソーラー発電所を始動/広大なゴルフ場跡地を活用し、最大出力51MW

【参画】オリックス、三重県津市でメガソーラー発電所を始動/広大なゴルフ場跡地を活用し、最大出力51MW

2016.06.01 事業参画・売買レポート


 平成28年5月17日、オリックス株式会社(以下、「オリックス」)は「トーシンレイクウッドゴルフクラブ」の跡地を活用して計画された太陽光発電所「オリックス51MW津メガソーラー発電所」の運転を開始したことを発表した。

 オリックスとしては3件目となる三重県でのメガソーラー事業だが、今回の事業は県内最大規模のメガソーラー発電所となり、その発電量は年間5781万5692kWhを見込んでいる。

オリックス51MW津メガソーラー発電所の概要                            

所在地三重県津市白山町三ヶ野3209、他
事業用地面積約1,135,001m2(東京ドーム約25個分)
パネル枚数204,120枚
出力規模(モジュール容量)51,030kW
年間予想発電量(初年度)57,815,692kwh (一般家庭約16060世帯分に相当)
運転開始時期2016 年 5 月 10 日

【情報ソース】
三重県津市でゴルフ場跡地を活用した県内最大のメガソーラーが稼働(*PDFファイルが開きます、274KB)、平成28年5月17日、オリックス株式会社

【関連記事】
【PPP】国際航業、北海道札幌市で太陽光発電所が完成/市の廃棄物処分場跡地を有効活用
オリックス、米国でPE運用会社設立 米大手の交通インフラ安全サービス会社を買収
オリックス、インドで大型風力発電事業に参画 発電容量合計1,004MW

, , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ