• Home
  • トピック
  • 【戦略】めぶきフィナンシャルグループ、再エネ事業会社「常陽グリーンエナジー株式会社」を設立/再エネ電源取得に3年で約50億円投資

【戦略】めぶきフィナンシャルグループ、再エネ事業会社「常陽グリーンエナジー株式会社」を設立/再エネ電源取得に3年で約50億円投資

2022.07.30 トピック


 2022年7月28日、株式会社めぶきフィナンシャルグループは子会社である株式会社常陽銀行と株式会社常陽キャピタルパートナーズ(以下、「常陽キャピタルパートナーズ」)が、銀行業高度化等会社の設立認可を取得し、常陽グリーンエナジー株式会社(以下、「常陽グリーンエナジー」)を設立したことを発表した。

 常陽グリーンエナジーが100%出資する形で常陽グリーンエナジーが新設されている。資本金は5百万円。常陽グリーンエナジーの事業内容は下記の通り。

①再エネ電源の買取・売電に関する事業
②地域のカーボンニュートラルに資する事業
③カーボンオフセットに関する事業
④太陽光パネルの発電効率評価、発電効率向上のためのメンテナンス事業
⑤常陽銀行グループのカーボンニュートラルに資する事業

 再エネ電源の取得については、3年程度で約50億円の投資を進める考えだ。新規開発電源および稼働済みの再エネ事業を取得し、売電や地域の事業会社などへの供給を行う。このほか、コーポレートPPAやJ-クレジットの販売も行う方針。

*アイキャッチ Photo by Michael Förtsch on Unsplash 

【情報ソース】
常陽グリーンエナジー株式会社の設立について(*PDFファイルが開きます、863KB)、2022年7月28日、株式会社めぶきフィナンシャルグループ

【関連記事】
【戦略】山陰合同銀行、銀行業高度化等会社として再エネ事業会社を新設へ
【融資】三井住友信託銀行・北洋銀行、北海道道南地域の水力発電所アライアンス事業でPF融資
【融資】山梨中央銀行など、山梨県甲斐市のバイオマス発電事業にPF組成/組成金額50億円

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ