• Home
  • トピック
  • 【戦略】伊藤忠商事、再エネ専業の新会社TED設立/北米の再エネビジネス展開を加速

【戦略】伊藤忠商事、再エネ専業の新会社TED設立/北米の再エネビジネス展開を加速

2022.03.27 トピック


 2022年3月24日、伊藤忠商事株式会社(以下、「伊藤忠商事」)は米国で再生可能エネルギーの開発を専業として取り組むTyr Energy Development Renewables,LLC(以下、「TED」)を設立したことを発表した。

 伊藤忠商事の米国子会社にTyr Energy,Inc(以下、「Tyr」)と独立系発電所運転・保守サービス会社のNAES Corporation(以下、「NAES社」)がある。伊藤忠商事はTyrを通じて、これまでに再生可能エネルギーへの投資や開発を行っており、約300万kWの太陽光発電所の開発実績がある。また、NAES社は北米の発電所や石油ガス・科学関連設備向けに運転・保守サービスを提供しており、傘下には米国で太陽光発電所向け運転・保守サービスを提供しているBay4 Energy Services,LLC(以下、「Bay4社」)がある。再生可能エネルギー発電所についてのエンジニアリングや建設マネジメント、設備の運転・保守について知見も豊富だ。伊藤忠商事はこれら米国子会社に再生可能エネルギー専業のTEDを加え、北米における再生可能エネルギービジネスの展開拡大を図る方針。

 今後は新設したTEDが土地確保、電力系統接続、各種許認可取得、主要機器・建設工事事業者の選定・交渉・売電契約の交渉・契約、ファイナンス組成等、再生可能エネルギーの開発に必要な一連の業務を一社で行う。複数の大規模開発を同時に進めることができる一社完結の体制を取ることで、今後拡大が見込まれる北米マーケットの需要拡大に対応しながら、収益規模拡大や効率向上の実現、開発プラットフォームとしての企業価値向上を目指す考えだ。

*アイキャッチ Photo by Nico Smit on Unsplash 

【情報ソース】
北米再生可能エネルギー開発事業会社の設立について、2022年3月24日、伊藤忠商事株式会社

【関連記事】
【売買】伊藤忠エネクス、群馬県高崎市の太陽光発電所を2つ取得/合計出力65.3MW
【出資】伊藤忠商事、米国の太陽光発電所向け運転・保守サービス会社を取得
【投資】日本生命、米国の再生可能エネルギー特化型の投資グループに約90億円投資

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ