• Home
  • 書籍案内
  • 【書籍案内】『 エネルギー産業2030への戦略 』(日本経済新聞出版)

【書籍案内】『 エネルギー産業2030への戦略 』(日本経済新聞出版)

2021.11.20 書籍案内



書籍名 : エネルギー産業2030への戦略 Utility3.0を実装する
著 者 : 竹内 順子(編著)/伊東 剛、戸田 直樹(著)

発行所 : 日本経済新聞出版
版 型 : A5
判並製
ページ : 176ページ
価格(税別) : 1,700円
発行年月 : 2021年11月24日    ISBNコード : 978-4-532-32438-4

〇内容紹介

ロングセラーとなっている『エネルギー産業の2050年』続編。最新のエネルギー産業の動向、政策、エネルギーにまつわるビジネストレンドをあらゆる実務家が活用できるようにわかりやすく解説した一冊。

安宅和人氏 推薦
「おもしろい! そしてじっと電灯を見て考えさせられる」

梅澤高明氏 推薦
「脱炭素化に向けたエネルギー産業の指針がここにある! 素人にも分かりやすく、プロも納得の内容が満載」

エネルギーが変われば、日本のどこが、どう変わるのか? 今後10年の日本の勝ち筋、負け筋が見えてくる。 誰もが知っておきたい「エネルギー」の最新動向『エネルギー産業の2050年 ユーティリティ3.0へのゲームチェンジ』に待望の続編!

霞ヶ関から関連業界まで各方面に反響を呼び、エネルギーフォーラム賞なども受賞した前作から4年。その続編となる本作ではこれからの10年に焦点をあて、2020年代に分散型エネルギー社会を実現する上での具体的な方策を提示する。コロナ禍による社会変化や、デフォルト化した2050年温室効果ガス実質ゼロ目標についての試算を提示し、日本の新たなエネルギーのあり方の政策提言も含むほか、太陽光発電、水素エネルギーの最新動向、国内外の具体的なエネルギー関連ビジネス事例や重要キーワードを盛り込んだ。すべての人に関わりがある脱炭素社会とエネルギーのあり方について、具体的に「なに」が、「どう変わるのか」、「なにができるのか」、「どこに真のビジネスチャンスがあるのか」、などをイメージしやすくなる一冊。

◯主要目次

Chapter 1 エネルギーと日本の社会課題
Chapter 2 エネルギー産業のパラダイムシフト
Chapter 3 UXコーディネーターの実践
Chapter 4 世界の脱炭素化を牽引する日本企業
Chapter 5 パラダイムシフトを実現する政策とは
Chapter 6 ゼロカーボン社会へのマスト条件
Chapter 7 地域社会とエネルギー産業

購入や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 エネルギー産業2030への戦略 Utility3.0を実装する 』- (日本経済新聞出版)

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ