【稼働】JRE・東北電力、山形県鶴岡市の陸上風力発電所(13.62MW)が商業運転開始

2021.11.14 事業参画・売買レポート


 2021年11月12日、ジャパン・リニューアブルエ・ナジー株式会社(以下、「JRE」)と東北電力株式会社(以下、「東北電力」)は山形県鶴岡市で建設を進めてきたJRE鶴岡八森山風力発電所が商業運転を開始したことを発表した。

 JRE鶴岡八森山風力発電所は山形県鶴岡市小波渡にある八森山の山間に建設された出力規模13.62MW(設備容量:17MW)の風力発電所だ。定格出力3.4MWの風車が5基建設されている。年間の発電電力量は3,690万kWh(一般家庭の使用電力量に換算して約8,400世帯相当)、CO2排出削減効果は年間16,863トン(杉の木に換算して約120万本分)を見込んでいる。事業会社はJREと東北電力が設立した合同会社JRE鶴岡八森山。

 JREと東北電力は2020年9月に東北地方で開発する風力発電事業を共同で出資する共同投資契約を締結している。当該事業の他に、「JRE七戸十和田風力発電所(青森県・設備容量33,600kW)」、「JRE折爪岳南第一風力発電所(岩手県・設備容量46,800kW)」、「JRE宮城加美町ウインドファーム(宮城県・設備容量42,000kW)」を共同事業として建設工事を進めている。加えて、八峰能代沖洋上風力発電事業の開発も計画中だ。

*アイキャッチ 出典:ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社

【情報ソース】
JRE鶴岡八森山風力発電所が商業運転を開始しました(*PDFファイルが開きます、554KB)、2021年11月12日、ジャパン・リニューアブル・エナジー株式会社
JRE鶴岡八森山風力発電所の運転開始について、2021年11月12日、東北電力株式会社

【関連記事】
【参画】JRE・東北電力・ENEOS、秋田県の八峰能代沖洋上風力発電事業を共同事業化
【稼働】いちご、山形県米沢市の陸上風力発電所が運転開始/風車4基、7.39MW
【融資】みちのく銀行、野辺地町などが出資する風力発電事業にPF融資

【オススメ】
【寄稿】新時代の洋上風力発電におけるプロジェクトファイナンスレンダーとしての留意点

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ