• Home
  • 事業参画・売買レポート
  • 【出資】中部電力、ベトナムの再生可能エネルギー開発企業の株式持分20%取得/21カ所の水力発電所等を運営

【出資】中部電力、ベトナムの再生可能エネルギー開発企業の株式持分20%取得/21カ所の水力発電所等を運営

2021.10.02 事業参画・売買レポート


 2021年9月28日、中部電力株式会社(以下、「中部電力」)はベトナム社会主義共和国(以下、「ベトナム」)で水力発電事業を中心に再生可能エネルギー事業を行っているBitexco Power Corporation(以下、「ビテクスコパワー社」)の株式20%を取得することを発表した。

 ビテクスコパワー社の一部の株主との株式売買契約締結やビテクスコパワー社との株式引受契約締結は既に完了しており、今後規制当局の承認等を経て、正式に株式取得となる。中部電力が海外で水力発電事業に出資することやベトナムに事業基盤を持つことは初めてのこと。

(ストラクチャー図 出典:中部電力株式会社)

 ビテクスコパワー社はベトナムの首都ハノイに本社を置く再生可能エネルギー開発企業だ。設立は2007年。ベトナム国内で21ヶ所の水力発電所、1ヶ所の太陽光発電所を運営している。持分発電容量は計79万8千kW。今後は太陽光発電所の開発をさらに進め、新たに陸上風力発電所の開発にも取り組む予定だ。

(Nhi Ha 1太陽光発電所(50,000kW)出典:中部電力株式会社)

 中部電力は70年以上に亘って培ってきた水力発電所の運転・保守に関する技術や知見を活かして、ビテクスコパワー社の水力発電所の運転効率化や安全性向上等に貢献する方針。事業パートナーとしてビテクスコパワー社の再生可能エネルギー開発を加速させる。

*アイキャッチ Nho Que 1水力発電所(32,000kW) 出典:中部電力株式会社

【情報ソース】
ベトナムの再生可能エネルギー事業会社ビテクスコパワー社の株式を取得、2021年09月28日、中部電力株式会社

【関連記事】
【開発】中部電力・川崎汽船など、カナダのファンディ湾内で潮流発電事業を共同開発
【融資】ADB・JICA等、レノバが参画するベトナムの陸上風力発電事業(144MW)にグリーンローン
【売買】熊谷組、ベトナムでの太陽光発電事業(49.5MWp)に参画/事業会社株式30%を取得

, , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ