• Home
  • 書籍案内
  • 【書籍案内】『 企業と投資家を結ぶESG・SDGs 』(一般社団法人 金融財政事情研究会)

【書籍案内】『 企業と投資家を結ぶESG・SDGs 』(一般社団法人 金融財政事情研究会)

2021.09.01 書籍案内



書籍名 : 企業と投資家を結ぶESG・SDGs – 企業評価と投資判断の新評価軸
著 者 : 浜田 陽二、金森勇太、上松誠知、小暮 佳代(著)
発行所 : 一般社団法人 金融財政事情研究会
版 型 : A5版

ページ : 440ページ
価格(税別) : 3,600円
発行年月 : 2021年09月10日    ISBNコード : 978-4-322-13970-9

 

〇内容紹介

ESG・SDGsに取り組む企業をどのように評価すべきか。
新・スコアリング手法を提言!

◆ESG・SDGsに取り組む企業は、本当に資本市場から評価されているのか。計量的な分析によりその実態が明らかに。
◆ESG投資での投資判断に活用できるスコアリングモデルを紹介。
◆企業開示における非財務リスク量の算出手法も解説。さらに具体的な算出結果を巻末資料として一挙に公開!

〇主要目次

第1部 ESGスコアリングの現状と問題点

第1章 ESGおよびSDGsと金融市場
ESGとSDGs/コロナウイルスの影響と各国の気候変動をめぐる政策/ESGとSDGsへの潮流が企業にもたらす影響

第2章 国内におけるESG投資とESGスコアリングの現状
ESG投資拡大の背景/ESG投資の現状/国内におけるESG投資推進に向けた環境整備/ESGスコアリングの現状と課題

第3章 国内株式市場における問題と方向性
パッシブ運用の影響度変化/ESGインデックスの採用効果/ESGインデックス採用銘柄になる重要性

第4章 上場企業における経営戦略と重要指標
調査内容と指標集計方法/国内企業における非財務指標、財務指標のKPIの状況/米国企業における非財務指標、財務指標のKPIの状況/欧州企業における非財務指標、財務指標のKPIの状況/今後期待される経営戦略と重要指標

第2部 次世代ESGスコアリング手法

第5章 期待効果方式による開示評価
非財務情報開示の現状/非財務情報評価の現状/期待効果を加味した評価

第6章 企業開示における問題と課題解決
ESG開示状況―期待効果の視点を含む―/ESGやSDGsに係る取組みの特徴と好事例/日本企業における開示・取組内容の向上に向けて

第3部 簡易モデルによる非財務リスク量の算出

第7章 非財務リスク量と企業価値
企業価値とは何か―問題意識と前提条件―/説明変数の特定化/非財務リスク量の算出手法/シナリオに基づく非財務リスク量の分析結果/個別企業の非財務リスク量の算出/異なる方法による分析手法と今回の手法での問題点

第8章 非財務リスク量の算出用途
企業関連ニュースの影響度/フォワードルッキングによる分析/非財務リスクモニタリング/次世代有効活用

第9章 ESG・SDGsのさらなる普及に向けた提言
中小企業や個人に向けた施策/技術的・専門的内容の平易化/ESG・SDGsに関する共通目線の確立/個人レベルでの社会的責任

巻末資料
ESGスコアリング評価シート/非財務リスク割合関連資料

購入や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 企業と投資家を結ぶESG・SDGs-企業評価と投資判断の新評価軸 』- (きんざいSTORE)

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ