【ファンド組成】ケネディクス自然電力ファンド

2016.03.31 インフラファンド動向


ファンド概要                                                                                                                   

名称ケネディクス自然電力ファンド
出資額最大80億円
総資産規模最大400億円程度(予定)
投資対象太陽光、風力、小水力又はバイオマス発電所等
出資者複数の国内金融法人
運用者
ケネディクス、自然電力
基本理念(1)再生可能エネルギー発電所の売電収益を原資として、長期安定的なファンドパフォーマンスの実現を目指すものであること。
(2)国内再生可能エネルギー発電所、並びに、金融商品市場の多様化、拡大への貢献をめざすものであること。
(3)地域に根ざした再生可能エネルギー発電所の開発、運営を推進することにより、地域経済の活性化及び発展をめざすものであること。

 

【情報ソース】
ケネディクス自然電力ファンドの組成について(※PDFファイルが開きます、91KB)、平成28年3月31日、ケネディクス株式会社
ケネディクス自然電力ファンドの組成について、平成28年3月31日、自然電力株式会社

 

, , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ