【参画】東北電力・オリンピア・静岡ガス&パワー、鳥海南バイオマス発電所を共同開発へ

2021.04.24 事業参画・売買レポート


 2021年4月21日、東北電力株式会社(以下、「東北電力」)は株式会社オリンピア(以下、「オリンピア」)が設立した「鳥海南バイオマスパワー株式会社」(以下、「当該事業会社」)に、静岡ガス&パワー株式会社(以下、「静岡ガス&パワー」)とともに出資参画することを発表した。

 当該事業は山形県飽海郡遊佐町(鳥海南工業団地内)に発電出力52.9MWの専焼バイオマス発電所を建設・運営するものだ。発電所名は鳥海南バイオマス発電所。輸入木質ペレットやパーム椰子殻(PKS)を主な燃料に使用する。運転開始は2024年度中の予定だ。

 東北電力と静岡ガス&パワーの参画後の当該事業会社への出資比率は、東北電力が75%、オリンピアが15%、静岡ガス&パワーが10%となっている。

*アイキャッチ 出典:株式会社オリンピア

【情報ソース】
鳥海南バイオマス発電事業への参画について、2021年4月21日、株式会社オリンピア
鳥海南バイオマス発電事業への参画について、2021年4月21日、東北電力株式会社

【関連記事】
【開発】日本海水・ティーティーエス企画・タクマ、福岡県苅田町でバイオマス発電所(約50MW)の工事着手
【参画】東北電力、GPI開発の「ウィンドファームつがる」(出力:121.6MW)に出資参画
【開発】伊藤忠商事・大阪ガス・東京センチュリー・東京エネシス、宮崎県日向市でバイオマス発電事業(出力:50MW)

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ