【稼働】いちご、山形県米沢市の陸上風力発電所が運転開始/風車4基、7.39MW

2021.03.03 事業参画・売買レポート


 2021年3月2日、いちご株式会社(以下、「いちご」)は山形県米沢市において開発を進めていた風力発電所「いちご米沢板谷ECO発電所」が発電開始したことを発表した。

 当該発電所の出力は7.39MW。日立製作所の風力発電設備(1,647.5kW/基)が4基建設されている。発電所における風速データは年平均約8m/sであり、年間の予測発電量は約27,391千kWh(*)となっている。一般家庭の使用電力量に換算して約9,130世帯相当になる。

(*)プレス記事より引用
年間予測発電量は、事業計画策定に際し、技術コンサルタントが作成する超過確率50%(P50ベース)での予想発電量

 風力発電所をいちごが開発するのは初のこと。開発には明確な環境改善効果が認められる事業に資金使途を限定する「新生グリーンローン」(株式会社新生銀行)による借入金が活用されている。借入限度額30億円のうち、2020年8月20日に22億円を調達し開発が進められた。

*アイキャッチ 出典:いちご株式会社

【情報ソース】
いちご初の風力発電所「いちご米沢板谷」発電開始のお知らせ(*PDFファイルが開きます、562KB)、2021年3月2日、いちご株式会社

【関連記事】
【稼働】日本郵船、ベルギーの完成車ターミナル内で44MWの風力発電/ゼーブリュージュ港をグリーンターミナル化
【開発】ENEOS・三菱UFJリース、山形県尾花沢市で陸上風力発電所を共同開発へ
【ファンド組成】GPI・DBJ、約530億円規模の再エネファンドを組成/陸上風力含むファンドとして国内最大級

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ