【開発】パシフィコ・エナジー、栃木県佐野市の太陽光発電所の工事に着工/出力約54MW

2020.10.18 事業参画・売買レポート


 2020年10月09日、パシフィコ・エナジー株式会社(以下、「パシフィコ・エナジー」)は栃木県佐野市で進めてきた佐野太陽光発電所の建設工事を2020年10月から開始することを発表した。

(佐野太陽光発電所完成イメージ 出典:パシフィコ・エナジー株式会社)

 当該発電所は栃木県佐野市のゴルフ場跡地を主に活用して建設する太陽光発電所だ。ゴルフ場跡地を利用することで、土木造成量を軽減し、森林を残す工夫がなされており、周辺環境への影響に配慮されたメガソーラーとして計画されている。パシフィコ・エナジーが栃木県で開発した第一号案件になる。

 発電容量53.9MW(直流ベース)、年間の予想発電電力量は約62百万kWhを見込んでいる。建設工事はjuwi自然電力株式会社が請け負い、2022年夏頃の運転開始を目指して工事が進められる。

 当該発電所の事業化に際し、ベーカー&マッケンジー法律事務所(外国法共同事業)が法律顧問を務めた。加えて、三菱UFJモルガンスタンレー証券株式会社がフィナンシャルアドバイザーを務め、三井住友信託銀行株式会社が融資を行っている。

 パシフィコ・エナジーはこれまで日本全国各地で13件(計1,095MW、直流ベース)の太陽光発電所の建設を行っている。そのうち、8件(644MW、直流ベース)が既に商業運転を開始している。

*アイキャッチ 出典:パシフィコ・エナジー株式会社

【情報ソース】
パシフィコ・エナジー栃木県佐野市で発電容量54メガワットの大型太陽光発電所の建設を開始、2020年10月09日、パシフィコ・エナジー株式会社

【関連記事】
【稼働】SBエナジー・三菱UFJリース、「ソフトバンク八雲ソーラーパーク」が運転開始/出力約102.3MW、国内最大級の蓄電池併設型メガソーラー
【稼働】三菱UFJリース・MRI・三菱UFJ銀行、福島県浪江町のメガソーラーが商業運転開始
【開発】Jパワー、米国テキサス州で2つ目の太陽光発電開発に着手/交流出力40万kW

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ