【参画】住友商事、英国の洋上風力発電事業Five Estuariesに参画

2020.09.30 事業参画・売買レポート


 2020年09月29日、住友商事株式会社(以下、「住友商事」)はイギリスの洋上風力発電事業Five Estuaries案件の開発に参画することを発表した。

(発電所地図 出典:住友商事株式会社)

 住友商事はRWE Renewables UK Limited、Siemens Financial Services GmbH、Green Investment Group、Macquarie Infrastructure and Real Assetsにより組成されたコンソーシアムやESB Ⅱ UK Limited(*)とともに出資する事業会社を通じて参画する。事業会社はイギリス沖合約30km(水深27~36m)の海域149平方kmのリース権を既に獲得しており、今後は許認可取得等をはじめとする初期開発段階に取り組む。

(*)プレス記事より引用
アイルランドの電力会社Electricity Supply Boardの在英国子会社

 住友商事はイギリスにおいて「レースバンク洋上風力発電事業」と「ギャロパー洋上風力発電事業」に参画している。両事案とも現在はスプリング・インフラストラクチャー・キャピタル株式会社が組成した再生可能エネルギー1号ファンドにシードアセットとして組み入れ済みだ。スプリング・インフラストラクチャー・キャピタル株式会社は住友商事(51%)、三井住友銀行(24.5%)、DBJ(24.5%)が出資し、2018年07月に設立されたインフラファンド運用会社。

*アイキャッチ 出典:住友商事株式会社

【情報ソース】
イギリスにおける洋上風力発電事業Five Estuaries案件の開発参画について、2020年09月29日、住友商事株式会社

【関連記事】
【稼働】住友商事、ベルギーの洋上風力発電所(Northwester2)が全機商業運転開始/MHI Vestas社製風車23基、出力219MW
【戦略】GIGとイベルドローラ社、合弁設立し日本の洋上風力市場に参入/アカシア・リニューアブルズはイベルドローラ社傘下へ
【投資】JA共済連、AMOAI運用のインフラデットファンドを通じて英国・都市間高速鉄道へ投資/NEXIと連携

, , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ