【参画】Jパワー、豪州Genex社の株式を最大2,500万ドル引受/Kidston Pumped Storage Hydro Project

2020.08.13 事業参画・売買レポート


 2020年8月3日、電源開発株式会社(以下、「Jパワー」)はオーストラリア国の再生可能エネルギー企業Genex Power Limited社(以下、「Genex社」)との間で株式引受契約を締結したことを発表した。JパワーはGenex社への出資を通じて、豪州の再生可能エネルギーに参入する。

 今回の株式引受はKidston Pumped Storage Hydro Project(キッドストン揚水発電所プロジェクト。以下、「キッドストン揚水発電所」)の資金調達の一環として行われたもので、Jパワーは最大2,500万ドルのGenex社の普通株式を取得することができる。(出資比率は15~19.99%に制限されている。)

 キッドストン揚水発電所はノースクイーンズランド州タウンズビル(Townsville)の北西270kmにある廃金鉱山で計画されており、キッドストンクリーンエネルギーハブと呼ばれている一連の再エネプロジェクトの中で主力プロジェクトに位置付けられている。計画地にある2つの採掘ピット(Wises Pit:52ha、Eldridge Pit:54ha)を上部及び下部の貯水池として活用し、揚水発電を行う。定格出力は250MW。

 JパワーはGenexとの間で締結した技術支援契約に基づいて、Jパワーが国内で培った揚水発電所に関する知見を生かし、Genex社が進めているキッドストン揚水発電所の建設・運営をサポートする方針だ。

 Genex社はキッドストン揚水発電所プロジェクトのほかに、豪州において太陽光発電所の開発・運営や風力発電所の開発計画などにも取り組んでいる。

*アイキャッチ Photo by Joey Csunyo on Unsplash

【情報ソース】
豪州Genex社との株式引受契約の締結について~海外の再生可能エネルギーの導入拡大に向けて~、2020年8月3日、電源開発株式会社

【関連記事】
【開発】Jパワー、築20年の風車19基を最新の大型風車8基へ更新/苫前ウィンビラ発電所
【開発】Jパワー、米国テキサス州で2つ目の太陽光発電開発に着手/交流出力40万kW
【売買】東京ガス・東京ガスアメリカ社、米国テキサス州の太陽光発電事業を取得/発電端出力約630MW

, , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ