【稼働】清水建設・トヨタ ユー・グループ、長野県東御市の木質バイオマス発電所が運転開始

2020.07.15 事業参画・売買レポート


 2020年07月15日、清水建設株式会社(以下、「清水建設」)は同社とトヨタ ユー・グループとの合弁会社「信州ウッドパワー㈱」(以下、「信州ウッドパワー」)が開発を進めていた木質バイオマス発電所の運転開始を発表した。

(出典:清水建設株式会社)

 当該発電所は信州ウッドパワーが東御市から購入した羽毛山工業団地内の敷地に建設した出力1,990kWの木質バイオマス発電所だ。事業費は約30億円。使用する燃料は地域の森林の原木を原材料とする切削チップ、信州ウッドパワーの子会社信州ウッドチップ㈱が原木を調達する。間伐材等未利用材やマツクイムシ被害材を活用してチップ化する。

 当該事業では労働負荷が大きかったプラントへの燃料チップ投入作業は自動化された。ほかにも、三菱日立パワーシステムズインダストリー社製の発電プラントの導入を通じて、遠隔地から発電プラントの運用支援を行ったり、GPSトレーサビリティーシステムを導入し原木の調達ルートを的確に認証できるようにするなど、先進的な取組が行われている。

 発電所は森林資源が豊富である強みを活かしてフル稼働させ、年間発電量は約1,350万kWhとなる計画。発電した電力は固定価格取引制度に基づき、中部電力株式会社に売電する。売上高は5.4億円を見込んでいる。

 清水建設は今後も木質バイオマス発電の適地調査を継続して行い、フルパッケージ化した2MW規模の発電所を東信地域で展開したい考えだ。

*アイキャッチ 出典:清水建設株式会社

【情報ソース】
信州ウッドパワー株㈱が木質バイオマス発電を開始~地球温暖化防止、林業振興、地方創生に貢献~、2020年07月15日、清水建設株式会社

【関連記事】
【稼働】JXTG・日揮、北海道室蘭市のバイオマス発電所が商業運転開始/国内最大級の出力74.9MW
【戦略】JERAと清水建設、洋上風力発電分野で協働覚書
【開発】三井物産・北海道電力、北海道石狩郡でバイオマス熱電併給プラントを建設へ/2021年6月頃に稼働予定

, , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ