• Home
  • トピック
  • 【戦略】JERA、浮体式洋上風力発電事業の開発会社設立に向けて仏2社と基本合意/IDEOL社とADEME INVESTISSEMENT社

【戦略】JERA、浮体式洋上風力発電事業の開発会社設立に向けて仏2社と基本合意/IDEOL社とADEME INVESTISSEMENT社

2020.07.01 トピック


 2020年06月22日、株式会社JERA(以下、「JERA」)は仏のIDEOL SA(以下、「IDEOL社」)及びADEME INVESTISSEMENT SAS(以下、「ADEME INVESTISSEMENT社」)と浮体式洋上風力発電事業の開発会社設立に関する基本合意の締結を発表した。

 IDEOL社はフランスのLa Ciotat(ラ・シオタ)に本社を置くエンジニアリング企業。技術的・経済的に実現可能な浮体式洋上風力発電向け浮体基礎の開発を目的として、2010年に設立された企業だ。世界的に評価の高い特許技術「Damping Pool®(ダンピングプール®)」を保有しており、日本及びフランスでの浮体式風力発電プロジェクトに参加実績がある。

 開発会社はダンピングプール®技術を活用して、世界各国における浮体式洋上風力発電事業の開発を目指す方針だ。プロジェクトの建設初期段階までを推進する役割を担う。今後は3社で協議を進め、2020年代前半に予定されているスコットランド、フランスの浮体式洋上風力発電事業などへの参加を目途に準備をすすめる。

 ADEME INVESTISSEMENT社は2018年に設立された環境・エネルギー管理庁傘下の投資会社。商業段階以前の初期のインフラ等を投資対象としている。

*アイキャッチ フランスの浮体式洋上風力発電Floatgen(写真提供:IDEOL) 出典:株式会社JERA

【情報ソース】
浮体式洋上風力発電事業の開発会社設立に関するIDEOL社およびADEME INVESTISSEMENT社との基本合意について、2020年06月22日、株式会社JERA

【関連記事】
【売買】JERA、台湾の洋上風力発電事業「フォルモサ3」に参画/マッコーリー社とEnBW社から事業権益約44%取得
【戦略】大成建設とイデオル社、洋上風力発電設備向けのコンクリート製浮体式基礎の開発について覚書締結
【公募】経産省・国交省、長崎県五島市沖で浮体式洋上風力発電事業者の公募開始

【おススメ!】
【寄稿】洋上風力発電に関する近時の動向及び法改正について
【寄稿】港湾法の一部改正 ー洋上風力発電事業の動向に着目してー
【Article】Recent Trends and Law Amendments Regarding Offshore Wind-Power Generation Business

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ