【稼働】JXTG・日揮、北海道室蘭市のバイオマス発電所が商業運転開始/国内最大級の出力74.9MW

2020.05.27 事業参画・売買レポート


 2020年05月25日、JXTGエネルギー株式会社(以下、「JXTGエネルギー」)や日揮ホールディングス株式会社(以下、「日揮ホールディングス」)は両社が事業参画している北海道室蘭市のバイオマス発電所が商業運転を開始したことを発表した。

(設備全景 出典:日揮ホールディングス株式会社)

 当該事業はJXTGエネルギーが保有していた遊休地を活用して木質専焼バイオマス発電設備を建設・操業するものである。出力は74.9MW、バイオマス発電設備としては国内最大級だ。2016年10月から日揮株式会社が燃料受入・保管・搬送設備・発電設備一式のEPC・試運転役務を行い、05月24日より商業運転を開始している。発電した電力は固定価格取引制度に基づき売電を行う。

 当該事業を進めるのはJXTGエネルギーと日揮ホールディングスが出資して設立したENEOSバイオマスパワー室蘭合同会社(資本金:1億円)。合同会社への出資比率はJXTGが90%、日揮ホールディングスが10%。

*アイキャッチ 出典:日揮ホールディングス株式会社

【情報ソース】
国内最大規模の室蘭バイオマス発電所の商業運転開始について(*PDFファイルが開きます、365KB)、2020年05月25日、JXTGエネルギー株式会社
国内最大級のバイオマス発電所を引き渡しー環境調和型社会の実現に貢献ー、2020年05月25日、日揮ホールディングス株式会社

【関連記事】
【売買】JXTGエネルギー・双日・中電グループ・四国電力、台湾・雲林県沖合の洋上風力発電事業に参画/5社で権益の27%を取得、ドイツのwpdグループから
【売買】大阪ガス、日揮HDから大分の太陽光発電事業会社の株式51%を取得し100%子会社へ/パネル出力26.54MW
【開発】三井物産・北海道電力、北海道石狩郡でバイオマス熱電併給プラントを建設へ/2021年6月頃に稼働予定

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ