【稼働】中部電力、四日市バイオマス発電所が商業運転開始/木質専焼49MW

2020.05.11 事業参画・売買レポート


 2020年5月8日、中部電力株式会社(以下、「中部電力」)は同社が開発を進めていた四日市バイオマス発電所の商業運転開始を発表した。2018年5月1日に工事着工、約2年の工期を経て商業運転開始となった。

(四日市バイオマス発電所の全景 出典:中部電力株式会社)

 当該発電所は株式会社JERA四日市火力発電所構内に建設された木質専焼のバイオマス発電所である。燃料に木質ペレットとパーム椰子殻を使用する。発電出力は49MW、想定年間発電量は約3.8億kWhとなる。一般家庭の使用電力量に換算すると約12万世帯相当だ。

*アイキャッチ 出典:中部電力株式会社

【情報ソース】
四日市バイオマス発電所の営業運転開始について、2020年05月08日、中部電力株式会社

【関連記事】
【設立】トヨタ自動車・中部電力・豊田通商、トヨタグリーンエナジー設立
【買収】三菱商事と中部電力、蘭総合エネルギー企業Eneco社の買収完了
【参画】九電みらいエナジー・New Circle Energy、奥村組の進める北海道石狩市の木質バイオマス発電事業(出力51.5MW)に出資

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ