【稼働】大和エネルギー、愛媛県西予市の風力発電所が商業運転開始/発電出力16MW、総事業費約67億円

2020.04.01 事業参画・売買レポート


 2020年3月16日、大和エネルギー株式会社は同社が開発を進めていた風力発電所「DREAM Wind 愛媛西予」が竣工し、商業運転を開始したことを発表した。

 当該発電所は愛媛県西予市宇和町で開発が進められた風力発電所である。株式会社日立製作所(以下、「日立製作所」)製の2MWの風車8基が建設され、発電出力は16MW、年間発電量は約35,000MWhを予定している。これは一般家庭の全消費電力量4,432kWh/年(*)に換算すると約8,000世帯相当となる。これは西予市の全世帯数(約19,000世帯)の約45%分だ。発電した電力は固定価格取引制度に基づき、2020年3月より20年間に亘って、四国電力株式会社に売電する。

(*)経済産業省資源エネルギー庁「省エネ性能カタログ」より

 当該発電所は2018年1月22日より建設が進められ、2020年3月16日に竣工した。施設の設計・施工は日立製作所のほか、株式会社清水建設、四電エンジニアリング株式会社が担当した。総事業費は約67億円。

*アイキャッチ 出典:大和エネルギー株式会社

【情報ソース】
愛媛県西予市の風力発電所「DREAM Wind 愛媛西予」運転開始(*PDFファイルが開きます、461KB)、2020年3月16日、大和エネルギー株式会社

【関連記事】
【ファンド】大和エナジー・インフラ、ドイツの再エネ資産マネジメント会社の株式4割を取得/欧州での事業展開加速を視野に戦略的提携も

【参画】伊藤忠商事、米国北中西部の風力発電事業に出資/Kimball発電所+South Fork発電所、総発電容量43MW
【売買】JERA、台湾の洋上風力発電事業「フォルモサ3」に参画/マッコーリー社とEnBW社から事業権益約44%取得

【オススメ】
【寄稿】洋上風力発電に関する近時の動向及び法改正について
【寄稿】港湾法の一部改正 ー洋上風力発電事業の動向に着目してー

, , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ