• Home
  • トピック
  • 【戦略】NEXI、インフラファンド・プロジェクトボンド活用を支援する新スキーム/機関投資家を呼び込み、多様な資金源確保へ

【戦略】NEXI、インフラファンド・プロジェクトボンド活用を支援する新スキーム/機関投資家を呼び込み、多様な資金源確保へ

2020.01.13 トピック


 2019年12月20日、株式会社日本貿易保険(以下、「NEXI」)は世界の膨大なインフラ投資需要に対応するための多様な資金源の確保の観点から、インフラファンドとプロジェクトボンドについて新しいスキームを活用することを発表した。

(機関投資家による資金拠出のイメージ 出典:株式会社日本貿易保険)

 新スキームは機関投資家資金を含めた新たな資金提供者を呼び込むことを目的としたものだ。海外インフラプロジェクトの資金調達事情が変化し、商業銀行等の伝統的な資金の出し手だけではなく、機関投資家を含めた新たな資金の出し手を呼び込むことが重要であるとの認識が背景にある。

 新スキームではインフラファンドによる資金供給や機関投資家が引受けている債券(プロジェクトボンド)についても保険による支援を行う。対象保険種は貿易代金貸付保険や海外事業資金貸付保険(劣後ローン特約付きの場合を除く)だ。

 NEXIは2019年6月7日に民間金融機関13社(*)と覚書を締結し、その後具体的なスキームの協議を行っていた。

(*)金融機関13社

○株式会社みずほ銀行
○株式会社三井住友銀行
○株式会社三菱UFJ銀行
○アイエヌジーバンク エヌ・ヴイ 東京支店
○オーストラリア・アンド・ニュージーランド・バンキング・グループ・リミテッド
○クレディ・アグリコル・コーポレート・アンド・インベストメント・バンク 東京支店
○ゴールドマン・サックス証券株式会社
○シティバンク、エヌ・エイ東京支店
○スタンダードチャータード銀行東京支店
○ソシエテ・ジェネラル銀行東京支店
○ドイチェ・バンク・アクチエンゲゼルシヤフト(ドイツ銀行)東京支店
○ビー・エヌ・ピー・パリバ(ビー・エヌ・ピー・パリバ銀行)
○香港上海銀行東京支店


*アイキャッチ 出典:株式会社日本貿易保険

【情報ソース】
機関投資家資金呼び込みのためのインフラファンド及びプロジェクトボンド活用スキームについて、2019年12月20日、株式会社日本貿易保険

【関連記事】
【ファイナンス】JBIC・NEXIなど、アルゼンチン国立銀行と輸出クレジットライン設定/アルゼンチンへのインフラ輸出を促進へ
【ファンド】丸紅・みずほ銀行・みずほ信託銀行、国内上場インフラファンドの組成に着手
【ファンド組成】自然電力、「自然ファンド」を設立/三井住友ファイナンス&リース、MULエナジーインベストメント、上野グリーンソリューションズも参画

 

 

 

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ