• Home
  • 書籍案内
  • 【書籍案内】『 世界のコンパクトシティ 都市を賢く縮退するしくみと効果 』(学芸出版社)

【書籍案内】『 世界のコンパクトシティ 都市を賢く縮退するしくみと効果 』(学芸出版社)

2019.12.15 書籍案内


書籍名 : 世界のコンパクトシティ 都市を賢く縮退するしくみと効果
著者名 : 山口 守(編著)、片山 健介、斉田 英子、髙見 淳史、松中 亮治、氏原 岳人、藤井 さやか、堤 純(著)

発行所 : 学芸出版社
版 型 : 四六版

ページ :252ページ
価格(税別) : 2,700円
発行年月 : 2019年12月25日    ISBNコード : 978-4-7615-2725-9


〇内容紹介

    世界で最も住みやすい都市に選ばれ続けるアムステルダム、コペンハーゲン、ベルリン、ストラスブール、ポートランド、トロント、メルボルン。7都市が実践する広域連携、公共交通整備、用途混合、拠点集約等、都市をコンパクトにするしくみと、エリア価値を高め経済発展を促す効果を解説。日本へのヒント、現地資料も充実。

    〇主な目次

    はじめに

    1章 日本におけるコンパクトシティの課題と解決策 谷口 守
    1 コンパクトシティの概要と効果
    2 コンパクトシティ政策の系譜
    3 時間を要した日本の制度づくり
    4 多様化する導入目的
    5 残された本質的課題(解決に向けて)
    6 今後の方向性を考える

    2章 オランダ・アムステルダム ―持続可能な経済成長を支える都市政策 片山健介
    1 アムステルダムの概要
    2 オランダの空間計画制度
    3 オランダの国土空間政策とコンパクトシティ
    4 アムステルダムのコンパクトシティ政策
    5 日本への示唆

    3章 デンマーク・コペンハーゲン ―駅周辺に都市機能を集約する住宅・交通政策 斉田英子
    1 コペンハーゲンの概要
    2 デンマークの都市計画制度
    3 コペンハーゲン都市圏におけるフィンガープラン
    4 コペンハーゲン市のコンパクトシティ政策
    5 日本への示唆

    4章 ドイツ・ベルリン ―サービスやインフラへのアクセスを確保する拠点づくり 髙見淳史
    1 ベルリン=ブランデンブルク首都圏の概要
    2 地方行政の体系と空間計画のしくみ
    3 コンパクト化が要請された背景
    4 首都圏の中心地システムと都市整備
    5 コットブス市の拠点の設定方法
    6 日本への示唆

    5章 フランス・ストラスブール ―都市交通政策を軸とした住みやすいまちづくり 松中亮治
    1 ストラスブールの概要
    2 フランスにおける都市内公共交通を支える制度
    3 ストラスブールの都市交通政策
    4 交通政策を中心とした都市政策の成果
    5 日本への示唆

    6章 アメリカ・ポートランド ―住民参加によるメリハリある土地利用と交通政策 氏原岳人
    1 ポートランドの概要
    2 ポートランドの都市政策
    3 都市政策の成果
    4 日本への示唆

    7章 カナダ・トロント ―多様性とイノベーションを生むスマートシティ開発 藤井さやか
    1 トロントの概要
    2 コンパクトな都市構造を支える都市計画
    3 未来型スマートシティの構想
    4 日本への示唆

    8章 オーストラリア・メルボルン ―急激な人口増加に対応する都市機能の集約 堤 純
    1 メルボルンの概要
    2 オーストラリアの行政機構
    3 メルボルン大都市圏の交通政策の変遷
    4 メルボルン2030:スプロール抑制と拠点の整備
    5 メルボルンプラン2017-2050:メトロ整備と知識集約産業の集積
    6 日本への示唆

    おわりに

    購入や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
     『 世界のコンパクトシティ 都市を賢く縮退するしくみと効果 』- (学芸出版社)
    

    , , , , , , , , ,


    デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
    東京モデリングアソシエイツ
    ISS-アイ・エス・エス

    月別アーカイブ