• Home
  • 事業参画・売買レポート
  • 【参画】双日、ミャンマーの通信タワー事業会社最大手に出資参画/5G実現による通信インフラ需要増加を見込む

【参画】双日、ミャンマーの通信タワー事業会社最大手に出資参画/5G実現による通信インフラ需要増加を見込む

2019.11.20 事業参画・売買レポート


 2019年11月20日、双日株式会社(以下、「双日」)はマレーシアの通信タワー事業会社edotco Group Sdn Bhd(以下、「イードットコー社」)のミャンマー共和国の現地法人edotco Myanmar Limitedに出資参画したことを発表した。

(左:ミャンマーの通信塔 右:出資ストラクチャー 出典:双日株式会社)

 edotco myanmar社はミャンマーの大手携帯電話事業会社4社と通信タワーの長期リース契約や電力供給を含めたサービス契約を締結しており、既に約2,000塔の通信タワーを管理運営している。

 双日はスマートフォンやタブレット端末の普及に伴うデータ通信料の増加や5Gの開発を背景に、ミャンマーにおける通信タワー需要は今後飛躍的に増加すると見込んでいる。今後はedotco myanmar社と協力して、通信インフラ事業の多国展開や分散型発電、スマートシティーなどの通信タワーを核とした周辺事業にも取り組む考えだ。

 イードットコー社(本社:マレーシア、クアラルンプール)は携帯電話用通信塔建設事業や通信塔向け電源供給事業などを主力事業としており、アジア8ヵ国(マレーシア、バングラデシュ、カンボジア、スリランカ、ミャンマー、パキスタン、ラオス、フィリピン)で約2万塔の通信タワーを自社で保有している。同社に出資している株主はAxiata Group Berhad(63%)、株式会社INCJ(21.14% )、Khazanah Nasional Berhad(10.57% )、Kumpulan Wang Persaraan(5.29%)(*カッコ内の数字は出資比率)。

*アイキャッチ 出典:双日株式会社

【情報ソース】
双日、ミャンマーで通信インフラ事業に参画~5G普及による通信タワーの需要増に対応~、2019年11月15日、双日株式会社

【関連記事】
【開発】日本製紙・双日、北海道苫小牧市でバイオマス専焼発電事業(約75MW)/日本製紙北海道工場の敷地を活用し、新たな長期安定収益を創出
【稼働】双日・日本空港ビルデング・JOIN、パラオ国際空港の運営が4月14日よりスタート/新たにJOINが参画、質の高いインフラ海外展開を支援
【稼働】上組など、ミャンマー国ティラワ地区港ターミナルで開所式/05月20日より営業開始、コンセッション方式で今後38年間ターミナル運営

, , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ