• Home
  • イベント・セミナー情報
  • セミナーのご紹介:『 第4065回 VPP、ERAB、蓄電池など、再エネ電力の付加価値化と様々なビジネス機会 』の開催 (2019年11月07日)

セミナーのご紹介:『 第4065回 VPP、ERAB、蓄電池など、再エネ電力の付加価値化と様々なビジネス機会 』の開催 (2019年11月07日)

2019.09.19 イベント・セミナー情報


金融ファクシミリ新聞社セミナー
『 第4065
回 VPP、ERAB、蓄電池など、再エネ電力の付加価値化と様々なビジネス機会 』の開催

日程 : 2019年11月07日 (木) 9:30~11:30
会場 : 金融ファクシミリ新聞社セミナールーム(東京都中央区日本橋小網町9-9 小網町安田ビル2階)
主催 :(株)FNコミュニケーションズ
講師 : 段野 孝一郎 氏 (株式会社日本総合研究所 リサーチコンサルティング部門 部長 環境・エネルギー・資源戦略グループ担当)

講演趣旨

電力システム改革により電力取引分野は今後、更に一層の「市場化」が進みます。また、VPP、ERAB、蓄電池など、再エネ電力の付加価値化も進み、それに伴い様々な事業機会が生まれると考えられます。  本講演では、日本総合研究所でディレクタとして環境・エネルギー・資源戦略グループを統括する講師が、「VPP、ERAB、蓄電池など、再エネ電力の付加価値化と様々なビジネス機会」と題して、再エネ電力の多様化な価値化と電力取引の制度設計、諸外国での電力新ビジネスの動向、並びに日本での新たな事業機会とビジネスモデル、関係各社が取るべき今後の事業戦略などについて解説します。

講演項目

1.グローバルに進むエネルギー市場の変革
(1)再生可能エネルギーの普及に伴うエネルギー事業への影響
(2)電力市場におけるDR/VPP活用の流れ
(3)総括原価撤廃の影響~電力市場における「市場化」の意味~

2.諸外国で生まれる新たなビジネスモデル
(1)エネルギーマネジメントの新たな潮流
(2)多様化するビジネスモデル

3.我が国における今後の展望
(1)ERAB(DR/VPP)に関する政策・市場動向
(2)立ち上がりつつあるERAB事業
(3)今後の展望

4.まとめ 質疑応答/名刺交換

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 第4065回 VPP、ERAB、蓄電池など、再エネ電力の付加価値化と様々なビジネス機会 』のご案内

, , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ