• Home
  • イベント・セミナー情報
  • セミナーのご紹介:『 目睫の間に迫る 5Gが進化させるライブエンタテインメントとアリーナ事業におけるビジネスチャンス』の開催(2019年09月05日)

セミナーのご紹介:『 目睫の間に迫る 5Gが進化させるライブエンタテインメントとアリーナ事業におけるビジネスチャンス』の開催(2019年09月05日)

2019.06.26 イベント・セミナー情報


日本計画研究所(JPI)
 
『 株式会社電通/ParadeAll株式会社
  目睫の間に迫る 5Gが進化させるライブエンタテインメントとアリーナ事業におけるビジネスチャンス
』の開催

日程 : 2019年09月05日(木) 13:30~15:30
会場 : JPIカンファレンススクエア(東京都港区南麻布5丁目2番32号 興和広尾ビル)→ 案内
主催 : 日本計画研究所(JPI)
講師 : 高橋 俊憲 氏(株式会社電通 コンテンツビジネス・デザイン・センター ライブ・エンタテインメント事業開発部長)
   : 鈴木 貴歩 氏(ParadeAll株式会社 代表取締役 エンターテック・アクセラレーター、関西大学非常勤講師)

〇概要

〈講師:高橋 俊憲 氏〉
各地でスタジアム・アリーナ構想が立ち上っているが、「ハコ」ではないベニューの本質をとらえた開発・運営の在り方を考えるとエリアや街のブランディングによって新しい価値が生まれる。また、あらゆる分野でデジタル化が進む中、ライブコンテンツの価値はより重要になり、デジタルインフラを活用することで「感動」の共有は拡大し新しい産業を創る。

〈講師:鈴木 貴歩 氏〉
5G(第5世代携帯通信規格)は、ライブエンタテインメントも進化させ今までに無かった体験を作り出すことが期待されている。5G とxR、A.I.、ブロックチェーンが生み出す新しいライブエンタテインメントを、エンタテインメント × テクノロジー=エンターテック視点から詳説する。

〇講義項目

〈講師:高橋 俊憲 氏〉
1.国内における事業機会
  (1)公設公営から民設民営までの事業スキームの多様化
  (2)運営視点でのアリーナ事業
     東京、横浜の事例を参考に

2.海外における事例

3.メディア化によって見えてくるビジネスチャンス
  (1)アリーナに求められる価値
  (2)ベニュー×コンテンツで見えてくるビジネスチャンス

〈講師:鈴木 貴歩 氏〉
4.進化するライブエンタテインメント
  (1)新しい体験価値
  (2)エンターテック=エンタテインメント×テクノロジー

5.両講師による関 連 質 疑 応 答・名 刺 交 換 会

*アイキャッチ Photo by Tyler Callahan on Unsplash

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 株式会社電通/ParadeAll株式会社 目睫の間に迫る 5Gが進化させるライブエンタテインメントとアリーナ事業におけるビジネスチャンス 』のご案内

, , , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ