• Home
  • インフラ融資
  • 【グリーンボンド】環境省、ジャパン・グリーンボンド・アワード受賞者を発表/5部門で9つの企業・団体が環境大臣賞受賞

【グリーンボンド】環境省、ジャパン・グリーンボンド・アワード受賞者を発表/5部門で9つの企業・団体が環境大臣賞受賞

2019.03.05 インフラ融資


 2019年03月01日、環境省は同省が主催したジャパン・グリーンボンド・シンポジウムにおいて、グリーンボンド発行に関連する先進的取組等を実施した企業や団体を表彰したことを発表した。

 当該取り組みはジャパン・グリーンボンド・アワードと題して、グリーンボンド市場の発展への貢献や環境改善効果等、先進的或いは模範的な取組みを行った企業や団体を表彰するものである。2018年12月06日から2019年01月18日の期間で5つの部門(ジャパン・グリーンイノベーション部門 、ジャパン・グリーンインパクト部門 、ジャパン・グリーンインベストメント部門 、ジャパン・グリーンコントリビューター部門 、ジャパン・グリーンパイオニア部門)に分けて、対象となる候補を募集していた。

 受賞候補の選定は学識経験者や環境金融関連の有識者から構成されるジャパン・グリーンボンド・アワード選定委員会が実施した。新規性、普及性、環境性、多様性、投資実績の5つの選定項目にて評価された結果、下記の受賞企業・団体が誕生した。

●ジャパン・グリーンボンド・アワード 受賞企業・団体(五十音順)
<環境大臣賞>
○ジャパン・グリーンイノベーション部門
・独立行政法人住宅金融支援機構
・日本郵船株式会社
・株式会社丸井グループ

○ジャパン・グリーンインパクト部門
・小田急電鉄株式会社
・株式会社三菱UFJフィナンシャル・グループ

 ○ジャパン・グリーンインベストメント部門
・日本生命保険相互会社

○ジャパン・グリーンコントリビューター部門
・サステイナリティクス・ジャパン株式会社
・三菱UFJモルガン・スタンレー証券株式会社

○ジャパン・グリーンパイオニア部門
・戸田建設株式会社

<選定委員特別賞>
・株式会社栗本ホールディングス

 環境省によれば、国内発行体によるグリーンボンド発行は2018年11月末時点で28件あり、発行総額は4,529億円に到達している。2014年における株式会社日本政策投資銀行のグリーンボンド発行(2.5億ユーロ)を皮切りに、発行件数及び発行総額ともに増加を続け、2017年の発行件数は10件、発行総額は2,176億円まで伸びていた。

*アイキャッチ Photo by Gregory Culmer on Unsplash

【情報ソース】
ジャパン・グリーンボンド・アワード受賞者について、2019年03月01日、環境省

ジャパン・グリーンボンド・アワード募集開始について、2018年12月06日、環境省

【関連記事】
【グリーンボンド】住宅金融支援機構、住宅ローンを資金使途とする「住宅金融機構グリーンボンド」を発行/発行総額100億円、省エネ住宅の普及促進に活用
【グリーンボンド】大林組、総額100億円のグリーンボンド発行/再生可能エネルギー事業とグリーンビルディングの開発に充当
【グリーンボンド】戸田建設、100億円のグリーンボンドを発行/長崎県五島市沖合での浮体式洋上風力発電事業に充当

, , , , , ,


月別アーカイブ