• Home
  • イベント・セミナー情報
  • セミナーのご紹介:『 英国PFI廃止後の現地関係者の声を踏まえた 我が国のPFIへの影響を客観的視点から考察する 』の開催 (2019年03月14日)

セミナーのご紹介:『 英国PFI廃止後の現地関係者の声を踏まえた 我が国のPFIへの影響を客観的視点から考察する 』の開催 (2019年03月14日)

2019.01.09 イベント・セミナー情報


日本計画研究所(JPI)
 
『 英国PFI廃止後の現地関係者の声を踏まえた 我が国のPFIへの影響を客観的視点から考察する
   ~英国PFI廃止の正しい理解と日本においてPFIが使われなくなる条件等~ 』の開催

日程 : 2019年03月14日 (木) 13:30~15:30
会場 : 東京都/JPIカンファレンススクエアⅡ(東京都港区南麻布5丁目2番32号 興和広尾ビル)→ 案内
主催 : 日本計画研究所(JPI)
講師 : 馬場 康郎氏(三菱UFJリサーチ&コンサルティング株式会社 政策研究事業本部 経済政策部 研究員)

〇概要

 2018年10月、PFI発祥の地である英国で、PFIに終止符が打たれることとなった。ただし、英国と日本ではPFIに分類される事業手法、行財政制度、ファイナンスキーム等が異なることから、「日本でもPFIは終わる」と結論付けることはできない。一方で、「英国と日本は制度が全く異なる」として無視することもできない。本講演では、客観的・中立的な視点から英国と日本のPFI制度の比較を行い、日本におけるPFIの今後への影響を考えたい。

〇講義項目

1.英国におけるPFI廃止の決定
  (1)英国におけるPFIの特徴
  (2)英国におけるPFIの沿革
    ① PFIの誕生から推進、そして衰退
    ② PFIへの批判とPF2の導入
    ③ 政治的な動向
  (3)2018年10月の決定内容
     ① PFIの廃止と民間資金活用の推進
    ② 廃止されるPFIの範囲・内容
     ③ PFI廃止が英国内に与えた影響

2.英国におけるPFIの評価と日本への適合
  (1)英国でのPFIへの評価
  (2)日本への適合
     ① 発注者側から見たPFIのインセンティブ
    ② PFIの導入に係る会計上のメリット
    ③ 民間事業者の利益水準とファイナンススキーム
     ④ 政治的な動向

3.その他諸外国におけるPPP/PFIの動向
  (1)大陸ヨーロッパ
  (2)韓国

4.英国におけるPFI廃止の決定等がわが国に与える影響

5.日本においてPFIが使われなくなる条件

6.関 連 質 疑 応 答

7.名 刺 交 換 会  

*アイキャッチ Photo by Tyler Callahan on Unsplash

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 英国PFI廃止後の現地関係者の声を踏まえた 我が国のPFIへの影響を客観的視点から考察する ~英国PFI廃止の正しい理解と日本においてPFIが使われなくなる条件等~  』のご案内

, , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ