• Home
  • インフラファンド動向
  • 【上場】『東京インフラ・エネルギー投資法人』が新規上場承認、2018年09月27日上場予定/東証インフラファンド市場

【上場】『東京インフラ・エネルギー投資法人』が新規上場承認、2018年09月27日上場予定/東証インフラファンド市場

2018.08.30 インフラファンド動向


 2018年08月24日、株式会社東京証券取引所は『東京インフラ・エネルギー投資法人』(証券コード:9285)の東京証券取引所インフラファンド市場への新規上場承認を発表した。上場予定日は2018年09月27日。インフラファンドの新規上場は2017年10月30日のカナディアン・ソーラー・インフラ投資法人の上場以来、約1年振りとなる。

 東京インフラ・エネルギー投資法人の管理会社は東京インフラアセットマネジメント株式会社。同管理会社は2015年05月に設立、株主は株式会社アドバンテック(以下、「アドバンテック」)(50.7%)、東京インフラホールディングス(42.8%)、あいおいニッセイ同和損害保険株式会社(5.0%)、NECネッツエスアイ株式会社(1.5%)である(*カッコ内の数字は出資比率)。メインスポンサーであるアドバンテックがこれまで太陽光発電所の開発・運営を実施してきた。

新規上場銘柄:東京インフラ・エネルギー投資法人(9285)                                  

上場市場東証インフラファンド
証券コード9285
銘柄名称東京インフラ・エネルギー投資法人
公募口数43,400口
売り出し口数(オーバーアロットメントによる売出し)2,170口
元引受取引参加者等・野村證券㈱:主幹事
・SMBC日興証券
投資主名簿等管理人三菱UFJ信託銀行㈱
会計監査人太陽有限責任監査法人
上場予定日2018年09月27日
仮条件決定日2018年09月07日
ブックビルディング期間2018年09月10日~2018年09月13日
公開価格決定日2018年09月14日
申込期間2018年09月18日~2018年09月21日

 東京インフラ・エネルギー投資法人の投資対象は主として再生可能エネルギー発電設備等である。上場に際し、国内で既に稼働している5件の太陽光発電所をアドバンテックより取得する。資産総額は約101億1,6,61万円、そのうちインフラ資産は約86億9,985万円(*省略表記)。

 太陽光発電所のオペレーター業務(O&M)は株式会社クールトラストが担う。同社が所有するENEviewモニタリングシステムを利用し、日々の発電量を月別にまとめ、予測発電量と実績量と比較するほか、異常値が計測された場合は即座に対応するなど施設のオペレーションを実施する。

保有インフラ資産の概要                                                    

インフラ資産の名称取得価格(*省略表記)投資比率IRR(内部収益率)
TI龍ヶ崎太陽光発電所564百万円6.6%6.0%
TI牛久太陽光発電所884百万円10.4%6.0%
TI鹿沼太陽光発電所509百万円6.0%6.0%
TI矢吹太陽光発電所5,815百万円68.2%6.0%
TI釧路太陽光発電所752百万円8.8%6.0%

 今後のスケジュールはブックビルディング期間が09月10日~09月13日、公開価格の決定日が09月14日となっている。上場予定日は09月27日。上場時には4万3,400口の公募と、2,170口のオーバーアロットメントによる売り出しを予定している。

*アイキャッチ Photo by Janis Rozenfelds on Unsplash

【情報ソース】
新規上場の承認(インフラファンド):東京インフラ・エネルギー投資法人、2018年08月24日、株式会社東京証券取引所(銘柄一覧)

【関連記事】
【上場】カナディアン・ソーラー、『カナディアン・ソーラー・インフラ投資法人』が上場承認/2017年10月30日上場
【上場】リニューアブル・ジャパン、『日本再生可能エネルギーインフラ投資法人』が上場承認/3月29日上場
【上場】いちご、『いちごグリーンインフラ投資法人』が上場承認/12月1日に東証インフラファンド市場へ上場

, , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ