• Home
  • イベント・セミナー情報
  • セミナーのご紹介:『 公共交通事業者(鉄道会社等)のデジタル化の現状と課題をふまえた推進体制とオープンイノベーションの可能性 』の開催 (2018年09月11日)

セミナーのご紹介:『 公共交通事業者(鉄道会社等)のデジタル化の現状と課題をふまえた推進体制とオープンイノベーションの可能性 』の開催 (2018年09月11日)

2018.08.06 イベント・セミナー情報


日本計画研究所(JPI)
 『 野村総合研究所
  公共交通事業者(鉄道会社等)のデジタル化の現状と課題をふまえた推進体制とオープンイノベーションの可能性
     ~公共交通における先進的な取組み 未来の鉄道/公共交通機関~
  』の開催

日程 : 2018年09月11日 (火) 09:30~11:30
会場 : 東京都/JPIカンファレンススクエアⅡ(東京都港区南麻布5丁目2番32号 興和広尾ビル)→ 案内
主催 : 日本計画研究所(JPI)
講師 : 片桐 悠貴氏(株式会社野村総合研究所 社会システムコンサルティング部 主任研究員)

〇概要

 いわゆる「デジタル化」の潮流は、さまざまな企業活動のあり方やビジネスモデルを大きく変えようとしている。それは、これまで他産業に比べて変化が緩やかだったインフラ産業でも例外ではない。本講義では、人口減少という避けがたい事業環境の激変に直面する公共交通事業者(鉄道会社等)を例に、その突破口となりうる「デジタル化」に関する取組の現状と未来の展望、及びそれを実現する体制について詳説する。

〇講義項目

1. デジタル化が交通インフラに与える影響
   (1) 「モビリティ」概念の勃興と公共交通の現状
   (2) デジタル化とは何か
   (3) 利用者サービスの革新可能性

2. 公共交通における先進的な取組み
   (1) 国内動向~鉄道アプリの隆盛
   (2) 海外動向~運賃のフレキシブル化
   (3) デジタル化が実現する未来の鉄道

3. デジタル化の推進体制とオープンイノベーションの可能性
   (1) 公共交通事業者と外部事業者のコラボレーション
   (2) オープンイノベーションの可能性
   (3) 体制構築の課題と今後の展望

4. 関 連 質 疑 応 答

5. 名 刺 交 換 会 

*アイキャッチ Photo by Tyler Callahan on Unsplash

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 野村総合研究所 公共交通事業者(鉄道会社等)のデジタル化の現状と課題をふまえた推進体制とオープンイノベーションの可能性   』のご案内

 

, , , , , , , , , ,


デロイト トーマツ|インフラ・PPPアドバイザリー(IPA)
東京モデリングアソシエイツ
ISS-アイ・エス・エス

月別アーカイブ