2019年07月05日、日立造船株式会社(以下、「日立造船」)は仏の大手海洋再生可能エネルギー企業であるNaval Energies社とともに、日本における浮体式洋上風力発電プラント建設に向けたFS(Feasibility Study:事業化可能性調査)を行うことを発表した。

 Naval Energies社は海軍艦艇の製造業などを展開するNaval Groupのグループ企業。海洋や沿岸地域での再生可能エネルギー施設や関連設備の設計・製造・設置・メンテナンスといったバリューチェーン全体の管理を行う。今年の02月07日には洋上浮体式風力タービンや海洋温度差発電分野のソリューション開発を念頭にダッソー・システムズの3D EXPERIENCE プラットフォームの採用を発表している。

【情報ソース】
浮体式洋上風力発電分野でフランス・Naval Energies社とFSを実施(*PDFファイルが開きます、371KB)、2019年07月05日、日立造船株式会社

【関連記事】
【開発】日立造船とコスモエネルギー、青森西北沖洋上風力発電事業の運営会社を共同設立/風車最大125基、発電出力約500MWで事業化検討
【稼働】日立造船、米国でコンポガスプラントが稼働/今後20年間にわたって廃棄物処理・発電・堆肥の販売/JBICと三菱UFJ銀行が協調融資
【グリーンボンド】日立造船、総額50億円のグリーンボンド発行を計画/ごみ焼却発電施設の運営に充当

【おススメ!】
【寄稿】洋上風力発電事業の今後の展望とファイナンスの検討方法