日本計画研究所(JPI)
 
『 SDGs未来都市・横浜 持続可能な住宅推進プロジェクト
  (緑区十日市場町周辺地域)整備事業の進捗と今後の展開について
   ~郊外住宅地の活性化、魅力向上、エリアマネジメント 市有地活用~
 』の開催

日程 : 2019年04月12日 (金) 13:30~15:30
会場 : 東京都/JPIカンファレンススクエアⅡ(東京都港区南麻布5丁目2番32号 興和広尾ビル)→ 案内
主催 : 日本計画研究所(JPI)
講師 : 竹下 幸紀氏(横浜市 建築局 住宅部 住宅再生課 担当課長)

〇概要

160年前の開港以来、急速に都市機能を充実、発展させ、現在人口374万人を抱える東京に次ぐ大都市となった横浜であるが、今年以降、今後人口減少が見込まれている。 市民の6割以上が居住する郊外住宅地の活性化や魅力向上を図るまちづくりのひとつとして十日市場町周辺地域では市有地を活用し、民間事業者の取組に対し「インセンティブ」を与え、地域や民間事業者、大学等多様な主体と「連携」し、地域住民が営む「エリアマネジメント」の仕組みづくりを進めている。

〇講義項目

1.横浜市を取り巻く状況と中長期的な戦略

2.持続可能な郊外住宅地推進プロジェクト

3.緑区十日市場町周辺地域でのまちづくり

4.今後の展開

5.関 連 質 疑 応 答

6.名 刺 交 換 会

*アイキャッチ Photo by Tyler Callahan on Unsplash

申込や詳細な内容の確認は下記リンク先でできます。
 『 SDGs未来都市・横浜 持続可能な住宅地推進プロジェクト(緑区十日市場町周辺地域)整備事業の進捗と今後の展開について 』のご案内