2019年04月05日、中日本高速道路株式会社(以下、「NEXCO中日本」)は豊橋パーキングエリア(PA)(下り)において物流事業者向け駐車場予約システムの社会実験を行うことを発表した。豊橋PAの完成に併せて実施するもので、高速道路における当該システムの導入は初となる。

(豊橋PA(下り)の社会実験スペース 出典:中日本高速道路株式会社)

 当該社会実験は04月12日にオープンする東名高速道路の豊橋PA(下り)において、大型車の駐車スペース確保のために使用する「駐車場予約システム」の利用状況について調べるものである。豊橋PA(下り)内に一般エリアとは別で予約エリアを設けて実験を行う。駐車ます数は特大車駐車ますで6台、中型/大型車駐車ます15台用意されている(小型車ますは無い)。システムの利用にはモニター登録が必要となる。

 現在は物流事業者を対象にモニター企業を募集している段階で、4月12日(金)13時から社会実験が開始される。当面は無料実験となる予定で、準備が整い次第有料実験に移行する。

(予約システム利用の流れ 出典:中日本高速道路株式会社)

 タイムズ24株式会社(以下、「タイムズ24」)が当該社会実験で使用するトラック専用の駐車予約システムの提供と運営支援を行う。これまでタイムズ24はバス専用駐車場を運営し、且つ予約システムを提供するなど、観光客の増加に伴い大型観光バスの駐停車スペースが不足する課題に取り組んできた実績がある。今回の社会実験においても同社のノウハウを活かして、労働生産性の向上や働き方の改善に向けた取組みに貢献したい考えだ。

*アイキャッチ 出典:中日本高速道路株式会社

【情報ソース】
高速道路における駐車場予約システム社会実験を開始しますE1 東名高速道路 豊橋パーキングエリア(下り)完成、2019年04月05日、中日本高速道路株式会社
【タイムズ24】東名高速道路 豊橋パーキングエリアの駐車場予約システム社会実験においてトラック専用の予約システムを提供、2019年04月05日、タイムズ24株式会社

【関連記事】
【参画】NEXCO中日本など、ベトナムの有料道路事業の運営に参画/首都ハノイ市近郊の延長43.44km
【投資】JOIN、ベトナム・ホーチミン近郊の都市開発事業へ約19億円出資/西日本鉄道とともに、郊外型TOD都市開発を推進
【テクノロジー】ウェザーニューズ、降雪後の路面状態をリアルタイムに自動認識するAIモデルを開発/雪氷対策作業の効率化や自動運転技術の向上へ