2019年03月08日、秋田県にかほ市(以下、「にかほ市」)は同市の公営都市ガス事業(以下、「ガス事業」)の譲渡について検討・審査を行い、東海ガス株式会社を事業譲渡に向けた優先交渉権者として選定したことを発表した。

(にかほ市の都市ガス製造所 出典:にかほ市)

 にかほ市は昨年7月17日よりガス事業の譲渡について公募を開始しており、今年の1月の第二次審査(事業提案書)には2者が残っていた。2月15日ににかほ市ガス事業譲渡先選定委員会での検討・審査が行われ、東海ガスが選定されている。

 にかほ市の実情を踏まえた実効性のある計画立案や料金設定を含んだ多様なサービスの展開が評価され、総合評価は152.7点/200点だった。同市は都市ガス需要家だけでなく同市全体の発展に貢献できると判断したようだ。提案された譲受希望価格は14億円(税抜)。

 今後は3月に事業譲渡仮契約の締結、4月~6月で本契約を締結する。東北経済産業局への事業譲渡譲受認可申請の提出を経て、2020年04月01日に正式な事業譲受となる予定だ。

  にかほ市の都市ガス事業の需要家件数は5,255件ある。そのガス販売量は2,270千㎥であり、売上高は411百万円になる。これまではにかほ市ガス水道局が実施していた。一方の東海ガスは静岡県焼津市、藤枝市、島田市を供給区域としており、需要家件数は都市ガスで54,506件、その他の簡易ガスで1,311件、LPガスで17,209件ある。都市ガスの売上高は10,591百万円にもなる。(平成29年度の実績)

*アイキャッチ 出典:にかほ市

【情報ソース】
にかほ市ガス事業譲渡の優先交渉権者が決定しました、2019年03月8日、にかほ市
秋田県にかほ市が運営するガス事業の譲渡先の優先交渉権者に選定されました、2019年03月08日、東海ガス株式会社

【関連記事】
【民営化】福井市、公営都市ガス事業の譲渡仮契約を締結/関西電力・北陸電力・敦賀ガスが設立の事業承継会社「福井都市ガス株式会社」に譲渡
【コンセッション】大津市、大津市ガス事業の優先交渉権者に大阪ガス・JFEエンジニアリング・水道機工のグループを選定/業務の引継ぎ方や料金値下げ案などが高評価
 ・【開発】レノバや大阪ガスなど、徳島県でバイオマス発電の事業化決定/出力規模74.8MW、売電価格24円/kWh