2019年02月13日、ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式会社(以下、「JII」)は高精度3次元道路地図(以下、「HDマップ」)の提供を行っているダイナミックマップ基盤株式会社(以下、「DMP」)に20億円を上限とする出資を行うことを発表した。

 当該出資はDMPの既存株主である株式会社INCJと三菱電機株式会社との共同出資となる。調達した資金はDMPによる米国Ushr Inc.(以下、「Ushr社」)の買収費用やDMPの北米展開に向けた成長資金に充てられる。 

(ストラクチャー図 出典:ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式)

 Ushr社は自動運転用のHDマップの開発や販売を行っている米国企業だ。米国においてDMPと同水準のHDマップデータを有しており、世界で初めてゼネラルモーターズ社の量産車両への採用・実用化を行った実績がある。

 Ushr社を買収することで、急速な成長が見込まれる北米地域において事業推進し、グローバル展開を加速させる考えだ。DMPとUshr社はすでに株主間で株式譲渡契約を締結しており、所定の手続きを終え、速やかにクロージングする予定だ。

*アイキャッチ 出典:ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式

【情報ソース】
ダイナミックマップ基盤株式会社への投資決定(*PDFファイルが開きます、367KB)、2019年02月13日、ジャパン・インフラストラクチャー・イニシアティブ株式会社

【関連記事】
【売買】JII、英国の都市間高速鉄道官民プロジェクトに投資/Hitachi Rail Europeから30%間接取得
【投資】NEC・JICT・JIIなど、日本-グアム-豪州間の光海底ケーブルに投融資/日・米・豪・東アジアを結ぶ光海底ケーブルネットワーク構築
【テクノロジー】ウェザーニューズ、降雪後の路面状態をリアルタイムに自動認識するAIモデルを開発/雪氷対策作業の効率化や自動運転技術の向上へ