2019年02月05日、丸紅株式会社(以下、「丸紅」)はオマーン国で開発が進むアミン太陽光発電事業に関わる長期売電契約をオマーン石油開発会社(Petroleum Development Oman、以下「PDO」)締結したことを発表した。

 当該事業はオマーン国で発電容量105MW規模の太陽光発電施設を建設し、発電や保守・運営まで実施するものである。発電された電力は今回締結された長期売電契約に基づき、23年間に亘ってPDOに売電を行う。2020年05月の運転開始を目途に開発が進んでおり、今後プロジェクトファイナンス組成の検討が始まる予定だ。

 当該事業を進める特別目的会社はこれから設立される。出資比率は丸紅が50.1%、Oman Oil Facilities Development Companyが30%、Bahwan Renewable Energy Companyが10%、Modern Channel Servicesが9.9%となる。

 丸紅はオマーン国においてスール・ガス焚複合火力発電事業(2014年より稼働、出力2,000MW)に参画しているが、太陽光発電事業を同国で手掛けるのは初。その他の中東地域ではアラブ首長国連邦においてスワイハン太陽光発電プロジェクトに出資参画している。丸紅は大規模案件が多数計画されている中東地域をはじめ、世界各国で今後も積極的に再エネ電源開発に取り組む考えだ。

*アイキャッチ Photo by chuttersnap on Unsplash

【情報ソース】
オマーン国・アミン太陽光発電プロジェクトの長期売電契約締結について、2019年02月05日、丸紅株式会社

【関連記事】
【開発】丸紅、サウジアラビア王国のシュケイク3造水プロジェクトで長期売水契約締結/RO膜方式で海水淡水化、25年に亘って日量45万㎥を造水・売水
【ファンド組成】丸紅・みずほ銀行・AM-One、海外インフラファンドを組成/交通・エネルギーインフラのエクイティ投資に特化
【融資】カナディアン・ソーラーとEDFエナジー社、ブラジルの太陽光発電所に3.7億米ドル調達/太陽光発電所での債券発行はブラジル初